ラインハルトの駆け引き

overwatch, 雑談

Overwatchのラインハルトを使う時には、敵集団に対して守るか攻めるか、シャッターを打つか打たれるかといった様々な駆け引きがある。

そういった駆け引きのときに、頭の中に駆け引きをカードのように持っておくと、優位にラインハルト合戦が出来る気がする。

それに最近はいろんなキャラがいて、どのキャラの行動でも挽回するチャンスがあるので、ハルト1人の駆け引きで勝っても負けても変わらない――、ぐらいに考えて気軽な気持ちで挑もう。

相手にもラインハルトがいる場合を想定して、気をつけたいポイントを考えてみよう。

ラインハルトの基本的な動き

基本的に前線で生存して立ち続ける、そしてチャージやシャターで場面に動きを作る。

とにかく死なないように慎重に。

あまりヒーラーに依存するのではなく、なるべく独立して生存できるように振る舞う。

盾はいろいろな危機的状況をしのげるので、常に余裕を持ってダメージ管理する。破られた!は基本出ないようにする。

盾の切れ目は予測されないようにする、出しっぱなしに出来るならそれが良い。

なるべく前へ前へと圧をかける。自分以外の仲間5人を”利用する”くらいに思うと上手く動ける気がする。

裏取りされたことに気づいたら、基本的に裏取り側から処理する。

相手のラインハルトのシャターが溜まるタイミング

基本的に1ウェーブ終わったら、相手ラインハルトや他のヒーローのウルトは溜まっている、と考え予測しておく。

小競り合いが長く続いているほど、相手ラインハルトならシャターが撃てるようになっている可能性は高い。

敵がシャターを撃ったタイミングをなるべく生存して見るか、イヤホンして音で確認しておく。

振るフリ(フェイント)シャッターを誘う

ハンマーを振る途中で盾を出す。すると殴るフリみたいになる。

ハンマーをフリながら近づかれたらシャッターを打ちたくなる心理を利用するフェイント。

弱点:これにかまけていると逆にチャージとかを食らう。

下がる(フリ)盾解除を誘う

ファイアストライクのタイミング

ファイアストライクはウルトのたまり具合に結構影響する。丁寧に当てたい。オリーサのストップとも相性がいい。

弱点 : ファイアストライクはお互い目があった瞬間や、小競り合いの時に打ちやすい。分かる人には打つタイミングが分かるので、そのタイミングにスリープを決めたり、フックを決めたり、シャッターを決められる。

なので相手がシャターを持っているときは、簡単に打ちたくない。

一般的なタイミングで撃たないようにするか、確認してから撃つ必要がある。

チャージのタイミング

とにかくチャージ距離は伸びないようにする。相手をすぐ近くにあるペイロードや、近くの壁にぶつける必要がある。

仲間の構成によって使う頻度が変わることもある。ザリアやさらにブリギッテやルシオがいる場合は、チャージするべきだ。

打たれたら:相手ラインハルトがチャージしてきたら、基本チャージをぶつけて止める。余裕があるなら避けてもいいかもしれない。

のこのこペイロードの前などに出ないようにする。フェイントなどにかまけない。

こちらのシャターが溜まっていて距離があるなら、シャターが決められるがあまりない。

アナのナノブーストまわりの駆け引き

混戦中に回復と、カウンター目的で打たれることが多い。

ラインハルト合戦中にナノブーストをもらったら、即座に殴りにいく、とはならない。殴るということは、相手にとってはシャターチャンスでもあるからだ。相手ラインハルトにシャッターがあるかは常に考えておく。つまりこの場面フェイントも効きやすい。

相手ラインハルトのナノブースト:相手ラインハルトがナノブーストをもらったら、盾を貼り続けるか、チャージするか、シャターか、下がるか。のどれか

チャージで相手ハルトを遠くに運んだりできる。消極的ではある。

強気に前に出てくる可能性がある、のでシャターを決めることができる可能性もある。しかしその行動自体がシャターを誘うフェイントの可能性もある。

シャターを打ってくる可能性もある。盾をはり下がる。

相手ゲンジのナノブースト:相手のゲンジがナノブーストをもらったら、なんとしても止めたい。ゲンジ1人にシャターを使ってもお釣りが来る。

シャターを打たれた後の駆け引き

知られている知識として、浮いているペイロードの場合シャターは貫通する。また多少の段差もシャターは登る。だからそれら周りの効果範囲内では駆け引きを行わなければならない。

シャターを打たれ防げたら:相手がシャターを打ってきてそれを防げたとして、、相手としては盾を貼るか、殴りか、チャージか。こちらとしては、シャターかそれ以外か。

打った相手が殴りやチャージをして来るなら、自暴自棄の可能性もあるが、自分の後ろのキャラが食らってしまって倒れている可能性がある。

チャージをしてきて距離があり、こちらのシャターが溜まっているなら、チャージごとシャターを食らわすことができる。

相手ラインハルトと近距離なら、シャターを防いだ瞬間にシャターを打つことで盾を貼る前に食らわすことができる。ようだが上手くいったことないんだよなぁ。

後ろまたは横を向く(フェイント)シャターまたは盾解除を誘う

後ろか横を一瞬見る、そしてすぐ前を向く。相手はおっ今盾が機能してないじゃん、と思ってシャターを撃ったり攻撃してくる。

または、おっ今は盾張らなくていいじゃんと思って盾を解除するのでシャターが決まる。

グラビトンサージまわりの駆け引き

ザリアのグラビトンサージが相手に決まったら、殴りにいくか、チャージするか、ファイアストライクか、シャターか、盾を張るか。

相手のゼニヤッタだけをチャージで遠くに持っていくなどの技もあるよ。

スタンを継続させるためサージの終わり際にシャターを放つと良い場合もある。

サージを打たれたら:相手ザリアのグラビトンサージで吸い込まれた場合、なるべく盾を出したい。

しかしその場面で相手が一斉に殴りに来るときがある、その時にシャターで止めることが出来ることもある。

盾を割る(普通の攻撃)シャターを決める

向き合っている時に、相手の盾を仲間に割ってもらいシャターを決める。

打たれたら:こちらは敵の目の前で盾が割れないように管理したい。

ラインハルト自身で裏取りしてシャターを決める

ラインハルトだけ、または仲間と裏取りして、敵集団の後ろからシャターを撃つ。

基本的にやや優勢のときに、次も敵集団とかち合うことがわかっている時に、マップがしやすいなら割と狙える。

打たれたら:逆にやられたらしゃあないと諦めるか、周りを見て早く気づきたい。

盾を割る(マクリーフラッシュバン)

マクリーのフラッシュバンを、ハルトの盾上方に投げるとスタンさせることができる。

これを相手ハルトに意図的にするのは、かなり近づかなければならないのと、マクリーの基本ポジションが後方か高台なので難しめ。

打たれたら:マクリーがこれみよがしに近づいてきたら盾を上に向け防ぐ。

盾を割る(ソンブラの通常ハッキングとウルトによるハッキング)

ソンブラの通常ハッキングかウルトによるハッキングで、盾を出せなくなる。ソンブラのウルトと合わせてシャターするのは狙いやすい。

打たれたら:ソンブラのウルトによるハッキングは盾の数値を0にしてしまう。ウルトが来るのがわかったら、盾をしまったほうがよい。

盾を持ち上げる (ドゥームフィストのアッパー)

相手ラインをドゥームフィストのアッパーで持ち上げて、後方にシャターを食らわせる。自分はやったことがないが、これもタイミングを合わせるのが難しいと思う。相手ラインハルトだけはそのままなので、食らわせたタイミングでなだれ込む必要がある。

ブリギッテのバッシュ

アップデートでハルトの盾を貫通しなくなった。

しかし、横から打ってスタンさせたり、チャージを止めたりできるので依然として強力。

仲間にブリギッテがいる場合、ブリギッテは相手を殴って仲間を回復するので、なるべく相手に肉薄したり、混戦になるように動いたほうがよい。が、ねらってできるものでもない。

さらにザリアがいる場合は、チャージを多めにしたほうがいいかもしれない。

裏とりアナのスリープダーツ

裏とりしたアナが敵ラインハルトを後ろからダーツで眠らして、そこにシャターを決めるというコンボがある。

ゼニヤッタやルシオのウルト

ゼニヤッタやルシオのウルトは、ハルトのシャターのカウンターになる。なるべくシャターを打つ時に巻き込みたい。

先に敵ゼニヤッタのウルトが発動した場合は、発動してから中盤~終わり際からシャターを打って良い。倒しきれると思われる。

メイのウルト

メイのウルトは凍らすまで時間があるので、中盤ころから中に入っても良いらしい。

マクリーのウルト

マクリーのウルトは盾で完全に防げない。盾を通してもロックした人数分の弾丸が飛んできて、ともすると一人目の弾丸で盾が割れてしまう。

盾を構え続けながら、マクリーから見えない位置に動く必要がある。

アナの瓶

アナの瓶は混戦になる前のタイミングで複数に当たると強力。

マップによっては、位置と角度を覚えて決められてた場所に山なりで落とす方法がある。合わせて突っ込みたい。

打たれたら:なるべく盾で防ぎたい。食らってしまうなら盾をしまうタイミングを予想されているか、山なりで投げられている。

D.VAのウルト

D.VAのウルトと合わせてシャターを打つ。

overwatch, 雑談

Posted by opvel