オーバーウォッチからApex Legendsへ。2つのゲームの違いと共通点(PS4)

ゲーム攻略, 日記

ここ一週間ぐらい、Apexしてみようと思って、詳しい友達に教えてもらいながらPS4版Apexを楽しんでいる。

自分はオーバーウォッチはそこそこ遊べたが、Apexになると当たり前だがまるで通用しない。

そういうわけで、2つのゲームの違いをオーバーウォッチから見る方向で、わかった範囲で書いておく。

大きなゲーム性の違い

オーバーウォッチでは6対6人制、陣地取り、ペイロードなどある。

Apexの方は状況に合わせて他者より素早くファーム(アイテム集め)を行い、他者より素早くリング内の良い位置を取り、仲間との連携などを駆使して勝つバトルロイヤル。

仲間とスキルを駆使して敵を倒すという要素は両方にある。

大きな違いは敵勢力の数になる。オーバーウォッチは相手は一チームだが、Apexでは三つ巴、四つ巴の状況が頻発する。これが一番大きな立ち回りの違いになる。

環境

オーバーウォッチでは、好きなキャラでも環境と合わないと辛い所ある。

Apexにも現在の環境で強い武器やキャラがあるので、まずそれを使えば良い。

戦い方

カバーリングしながら撃つ動き

Apexでは理想では、遮蔽物から相手1人見える分、頭を出して、撃って、リロードのタイミングで隠れる、という動きで戦う。これができると被弾を減らせるし、この動きができそうな場所を意識して動けば、強い。

このカバーリングというか、遮蔽物から人一人分見て、即座に隠れる感覚は、オーバーウォッチにはあまり無い。敵を倒すまでの時間なのか、ヒーラー、タンクの存在のせいなのかわからないがあまりしない。

移動するときも意識して、どこから敵が来ても即座にできるようにしよう。岩場や崖を画面右下か左下に沿うように動くのが良い。

高所

Apexでは全員がゲンジのように壁のぼりできる。オーバーウォッチでも高所は大事だが、Apexはその数倍大切になる。銃で打ち合うので、高所では射角が広く、ヘッドショットを当てやすい。登る側は登るモーションもしないといけないので、打ち下ろされたら、まず勝てない。逃げるのを考えないといけない。

局所的にも、戦局的にも、まず上を取る。エリアを見て高所になりそうなところは人気になる。

逆に高所を取り返すには、駆け引きや、投げ物や、キャラのスキルやウルトが必要だ。

斜線管理

オーバーウォッチにも斜線の考え方はあるが、大きくマップに紐付いているように思う。

この高台からはここが見えないから移動できる、ウィンストンが一回のジャンプで来ない位置はここらへんなど、敵のいそうな位置や動きはマップと記憶される。

Apexでは、見える範囲の岩や箱を使った、斜線管理というのが必要になる。

これは二人敵が見えるなら、一人をそばの障壁で視界から追い出す(斜線が通らないようにする)という感覚。

そうやって基本的に常に二人以上から斜線が通らないように立ち回りながら戦う。

漁夫と、自分たちが来た方向からは敵がこない

漁夫というのは、交戦中に後ろや横や相手の向こう側から、漁夫の利を得ようとしてくること。

この漁夫と漁夫行為を管理するために、マップの大まかなクリアリング、というのがApexというかバトルロイヤル系ゲームにはある。

Apexでは最後に生き残るのが目的なので、どこから敵がやってくるのが重要になる。なので安全な方向と場所が重要になる。

リングを背にしたり、みんなで掃討するするように移動すると、自分たちが通ってきた方向からはとりあえず敵は来ない、あの建物は大丈夫、敵が来るならこの方向というのが大まかにわかる。

味方との距離感

オーバーウォッチでは、マップを広く使い、仲間とかぶらないほうが、範囲攻撃に巻き込まれずに良い。

PS4版Apexでは、基本味方と固まったほうが強い。逆になる。

この違いが生まれるのは、敵勢力の数が違うからだ、オーバーウォッチでは相手は一チームだが、Apexでは複数のチームが混在している。

なので、チームが広がりすぎると見つかりやすくなり、ドア一つ、方向一つから敵勢力がなだれ込んでくる可能性があるので、固まらなければならない。

オーバーウォッチでは、敵チームは一つなので、敵チームに対して、斜線がクロスになる位置を意識して動くので、最初Apexの距離感に抵抗がある。

Apexでその感覚でマップを広く使うと、他のチームの斜線に通りやすくリスクが高い。

打たれたら引くが、その瞬間仲間から斜線が通らないと、それは孤立にあたり、仲間がカバーできない位置になり、敵に詰められて落とされてしまう。

隠れた味方の代わりに前に出て、打てる位置、打たれている味方を助けられる位置、それらが合わさった位置というのは、基本的に近く固まることになる。

あとApex初期と違い、グレネード類が、バックパックを圧迫するようになったので、グレネードがあまり投げられなくなった。

アイテム集め

オーバーウォッチから来てみると、まずアイテム集めをする意味がつかめないが、これは、前にアイテムを出されたら敵とバッと取り合うゲームとも言えるので、思った以上にスピード勝負のゲームだ。マップの理解と、宝箱の右側に武器がある、というミニ知識が必要になる。

このアイテム集めを早くするには、もちろん、武器や防具の種類を知る必要がある。強い武器防具の特性(金装備の能力と渡す相手は知っておくと迷わないぞ)、必要な弾数(撃ちまくる武器で4,5スロット、撃ちまくらない武器で2,3スロット)、アイテムの数(シールドセル系はたくさん欲しいが、回復は少なくて良い)を理解して、頭の中に武器、武器アタッチメント、アイテム、装備、投げ物が全部はいると、早くなる。

武器の違い

Apexでは、遠距離武器を拾えばウィドウメーカーになり、ショットガンを拾えばリーパーになり、ウィングマンを持てばマクリーになるが、いくつか違う。Apexの方が、主流のFPSに近く複雑に感じる。

リコイル

どの武器にもリコイルがある。主にライトアモ武器は上方向、ヘビーアモ武器は左上方向に跳ね上がる。

ADSするしない

オーバーウォッチでは基本的にスコープキャラしかADSがない。ADSしても移動速度の低下を意識することがない。なので最初は、Apexでは全てにADSがあるのかと、とにかくADSしてしまう。

Apexでは、ADSすると移動速度や、集弾率が変化する。なので一度撃ったときの弾数が多いものや、ADSなしで撃ってぶれづらいものを近距離で使える武器としていて、近距離はADSしないで動き回りながら戦う。

武器を切り替えてリロード

オーバーウォッチはリロードなどかなり簡略化している。

オーバーウォッチは弾切れになると自動で回復されるのと、リロード時間が短いのと、ワンマガジンで結構戦えるので、どこでリロードしないかのほうが重要になる気がする。

Apexでは武器2つあり、武器を切り替える行為がある。この切り替えるというのが厄介で、切り替えたからと言ってリロードはされない。打って切り替えたら、前の武器は切り替えてリロードするまで使えないようなものだ。

なるべく敵の斜線が切れたときや移動時に、切り替えてリロードする必要がある。

あと、Apexでは「弾が残っているときにリロードするほうが、打ち切ってからリロードするより速い」、という仕様がある。(この意識はリロード癖をつけるのに役立つ)

あと、武器に拡張マガジンを付けた場合、銃に入る弾数が増えるので、付けたらすぐリロードする必要がある。

ヘッドショットあるなし

オーバーウォッチのアナというキャラクターには、攻撃にヘッドショットがない。キャラクターによってヘッドショットのある無しがある。

その感覚でApexに来ると、全てにヘッドショットがあるように思う。

しかしApexではそれが、武器の一発のダメージ × ヘッドショット倍率に現れている。EVA-8や、R-99は一発のダメージが低いのでそこまでヘッドショットは必要ないとなる。逆にウィングマンなどは倍率が高いので狙う必要がある。

殴り

オーバーウォッチの殴りは画面いっぱい、範囲も広いのだが、Apexでは手の部分だけ。なかなか当てづらい。降りたら殴るより、すぐ武器を拾って打つほうが効率がいい。