Amazon LightsailでWordPressブログを作ってみる(5)~WordPressからメールが届くようにする~

AWS

Lightsailで立てたWordPressではデフォルトのままでは、コメントや問い合わせがあった時にメールは届かなくなっていると思います。

届くようにするには、WP-Mail-SMTPというプラグインを使います。

このプラグインを設定すると、WordPressは外部のメールサービスにユーザーIDとパスワードで認証を行って、そのSMTPメールサービスを利用してメールを送るようになります。

Yahoo!メールを使ってみる。

公式ドキュメントには外部のSMTPメールサービスにGmailやSendGridやMandrillなどを使う設定が載っています。今回はYahoo!メールを使います。

理由としては、個人ブログのメール機能くらいなので、SendGridとかMandrillは大仰かなというのと、Googleのアカウントだと二段階認証などセキュリティが厳しく設定が面倒なのと、外部のアプリケーションがIDとパスワードだけの認証でアカウントのメールサービスを使うのを推奨してないのと、IDとパスワードが漏れた場合にGmail以外のサービスも被害を受ける可能性があるからです。

自分は普段Gmailを使っていてWordpressにもそのメールアドレスを設定しているので、設定を行うとYahoo!メールを使ってそのアドレスにメールする、ということになります。

WP-Mail-SMTPプラグインを設定する。

設定例です。(事前にYahooのアカウントを取得しておいてください。)

メール詳細設定

From Email : Yahooメールアドレス
From Name : 空白
メーラー : WordPressの全てのメールをSMTP経由で送信する。にチェック
Return Path : チェックしない

SMTP設定

SMTP Host : smtp.mail.yahoo.co.jp
SMTP Port : 465
Encryption : SSLを使用する。にチェック
Authentication : はい: SMTP認証を使用します。にチェック

Username :(Yahooメールアドレスの頭部分。〇〇〇@yahoo.co.jpの〇〇〇部分)
Password : Yahooに登録したパスワード

テストメールを送る

これで設定できたと思います。テストメールの項目で送りたいアドレスに送ってみて結果を確認します。

テスト結果がbool(true)となってメールボックスにメールが届けば成功です。

終わりに

ここまでで基本的な設定は完了したと思います。

あとはWordpressのプラグインやテーマの話になるので、ここでこのシリーズは区切りとします。

WordPressの方はまだまだわからない感じです。今のところ自分が使っているプラグインはAkismetやJetpackなどの基本的なプラグインをベースに構成しています。テーマはLuxeritasというもので、公式のドキュメントなどを参考に使っています。

ということで以上です。また何か気付いたことがあれば記事にしたいと思います。