Amazon LightSailでWordPressブログを作ってみる(6)~メモ~

2017-10-21AWS

用意されているコマンド

bitnamiのバナーページを消す。

sudo /opt/bitnami/apps/wordpress/bnconfig --disable_banner 1
sudo /opt/bitnami/ctlscript.sh restart apache

WordPressのホストネーム設定を変更する。

sudo /opt/bitnami/apps/wordpress/bnconfig --machine_hostname new_domain

全てのリスタート

sudo /opt/bitnami/ctlscript.sh restart

Apacheのリスタート

sudo /opt/bitnami/ctlscript.sh restart apache

 

WordPressのファイルの位置

config

~/apps/wordpress/htdocs/wp-config.php

wp-content

/opt/bitnami/apps/wordpress/htdocs/wp-content/

テーマ

/opt/bitnami/apps/wordpress/htdocs/wp-content/themes/

SSL

SSL関係の参照先(デフォルトの位置)

/opt/bitnami/apache2/conf/server.crt
/opt/bitnami/apache2/conf/server.key

上記の設定等が書かれているファイル(第4回でSSL化する時に書き換えます)

/opt/bitnami/apache2/conf/bitnami/bitnami.conf

トラブルシューティング

FTPクライアントなどを使って、テーマのファイルなどをアップロードしたいとします。その時、permission deniedと言われて書き込んだり削除したり出来ない時は、以下のコマンドで書き込み権限を変えると出来るようです。(参考Plugin update asking for FTP In WordPress – WordPress – Bitnami Community

sudo chown -R bitnami:daemon /opt/bitnami/apps/wordpress/htdocs/wp-content
sudo chmod -R g+w /opt/bitnami/apps/wordpress/htdocs/wp-content

WordPressの管理画面から、プラグインの削除やテーマのアップロードを選択した時、Connection Information という画面が表示される場合wp-config.php を編集すると良いようです。

まず以下のコマンド

sudo nano /opt/bitnami/apps/wordpress/htdocs/wp-config.php

そして下記の記述を参考先リンクの位置に書き加えます。(参考WordPress FTPなしでプラグインダウンロードできる設定 – Qiita

define( 'FS_METHOD', 'direct' );

参考

Install wordpress on amazon lightsail – Yanivp.net

AWSLightsail

Posted by opvel