電源コードのプラグがノートパソコンの中に折れて残ったら

IT記事

朝起きたら、ノートパソコンがベッドから落ちていて、ついでに電源コードのプラグの真ん中ぐらいが折れ曲がっていた。

曲がっているぐらいで刺してみるとまだ使えるなー、とそのまま使っていたら、引き抜くときに中でちぎれ、折れた先をパソコンの中に残すということになった。

ピンセットで引っ張ったが取れない。

結局、ノートパソコンのケースを開けて、差込口部分を取り外した。すると、穴が浅くなり、ピンセットで取れるようになり解決した。

差込口部分を持ち上げたところ
ちぎれたプラグ

ノートパソコンの裏面を開けるには、youtubeで型番名で調べるとわかりやすい動画が出てくる。

作業途中で気がついたのだが、上記写真の左側アダプター側、プラグが折れた部分にピンセットが触れると火花が出る。コンセントから抜いてもアダプターの中に残るのか、しばらく出る。

つまり大変危険なのでそもそもプラグが折れた段階で、コンセントから即刻抜いて使わないようにしよう。ということであった。